埼玉のドラムスクール・教室【ドラム演奏の前に理解すべきこと】

2019/11/26 ブログ
ドラムペダル

 

ドラムはスティックを手で持ち、ペダルを足で踏みます。

 

スティックやペダルという道具を介して演奏するので、先ずはスティックやペダルがどのように動く特性を持っているのかを理解するのが早道です。

 

その為には「演奏」の前に「スティック遊び」「ペダル遊び」がオススメです(^_-)-☆

 

特にペダルは足よりも器用な手で動かしてみましょう(^_-)

ペダルのセッティングにも依りますが、軽く動くセッティングならば指で押しただけでかなりの音量が出ます!(^^)!

不器用な足で力ずくで踏み込むよりも良い音がします(´V`)♪

手で動かした時の自然な動きを足で覚えて再現出来るようにする事が肝心です。

力を抜いてペダルの動きに身を任せ脱力で動かす感覚を掴みましょう(^^)/

 

スティックも同じです。
跳ね返りの良いスネアドラムや練習台ではスティックの先端(チップ)を自然落下させるだけでも跳ね返って来ます。
この自然な動きを極力邪魔しないようにスティックを軽く《支える》のが基本です。
握りしめてスティックの自然な動きを妨げてしまわないように注意しましょう(^_-)

 

どのように持つと、どのように動くのかを遊び感覚で楽しんでいる内にスティックの特性を体が覚えます(*^_^*)

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】ではドラム演奏を深く理解する為のノウハウがいっぱいです(^_-)-☆

是非一度レッスンにお越し下さいませ♬