埼玉のドラムスクール・教室【ハイハット・オープン】

2020/01/17 ブログ
ハイハット

ハイハットシンバルはドラムセットの中で1番表現力が有ります。

 

同じ踏み加減でも打ち方や打つ位置を変えると音色が変わります。

 

更に音色を変えるには打ちながら少しずつ爪先を上げます。

 

音量が大きい時は上側(トップシンバル)が大きく揺れますが音量を下げていくと、ほとんどシンバルが揺れません。

 

この状態で爪先を上げていくとボトルシンバルに触れなくなり、トップシンバルだけの音になります。

 

もちろんこの音が欲しければ問題ありませんが通常使われるハイハットオープンの音はトップシンバルとボトルシンバルが触れ合った状態です。

 

ピアニッシモではクローズからオープンまでの爪先のストロークは数ミリ以内です。

 

慣れないと左足の動きが大きくなり過ぎてしまいますのでピアニッシモでもしっかりオープン&クローズが安定するように練習しましょう(^^)/

 

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では的確な表現力を身に付ける為のレッスンを行っております。

是非一度レッスンにお越し下さいませ♬