埼玉のドラムスクール・教室【機械的な正確さを越えて気持良い正確さへ】

2020/02/08 ブログ
エモーション

ドラム、パーカッションは一定のテンポをキープすることが大切ですので自力である程度一定のテンポを出せるようになったらメトロノームに合わせる練習をしましょう。


但し、無感情で合わせに行くのではなくエモーションを保ちながら少しずつ近付けていきましょう。

 

気持を込めて音楽に寄り添った揺れであれば、その音楽にとっては「正確な」演奏となります(^_-)

 


埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では音楽に寄り添った気持の良い演奏をする為のレッスンを行っております。
是非一度お越し下さいませ♬