埼玉のドラムスクール・教室【アクセントについて】

2020/02/10 ブログ
logo

リズムが気持ち良く聞こえる為には音の強弱が必須です。

 

大きい音と小さい音をメリハリ良く切り替えられるようにしましょう。

 

練習ではなるべく落差を付けられるようにしましょう。

 

フォルテは自分が出せる最大音量、ピアノはそれ以下ではスティックコントロール不能な最小音量。
目安としてはスティックの先端(チップ)のストロークが数ミリから1~2センチ以内を目指しましょう(^^)/

 


埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では的確なスティックコントロールが出来るようになるレッスンを行っております。
是非一度お越し下さいませ♬