埼玉のドラムスクール・教室【足の練習法 その②】

2020/05/09 ブログ
足

《片足ずつ爪先上げから脱力して可動域を広げる》

  

足指の機能を高める為にケアを日々続けながら、次のステップは足首の可動域を広げる練習に入りましょう。

 

椅子に座った状態で脛が垂直の状態よりも足を少し前に出してゆっくり爪先を引き上げます。

 

初めの内はかなり足を前に出していた方が爪先が上げやすいと思いますが、慣れて来たら少しずつ脛が垂直に近くなる位置に足を引き寄せましょう。

 

楽に引き上げられる位置で止めたら一気に「脱力」します。

 

ここでは「踏み込む力」を使わない事がポイントです。(^_-)

 

動きに慣れて来たら引き上げる力を少しずつ強くして足首の可動域をなるべく広くしましょう。

 

引き上げる力も徐々に100%に近付けていきます。

 

いきなり強く引くと足首を痛めますので、決して無理し過ぎないように慎重に行って下さい(^^ゞ

 

100%の引き上げ力から一気に脱力する事が出来るようになると踏み込む力を全く使わなくても床がドスンと鳴るようになりますので集合住宅の場合は苦情を避けるため座布団などで衝撃音を和らげて下さいませ(;^_^A

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】ではあらゆるお悩みを解決する方法をお伝えしております。

 

リモートレッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください(^_-)-☆