埼玉のドラムスクール・教室【足の練習法 その⑩】

2020/05/18 ブログ
足踏み

《クローズ奏法》

 

椅子に座って足首でしっかりと垂直ジャンプが出来るようになったら、同じ動きをフットペダル上でやってみましょう。

 

動きの流れは『ジャンプ→自然落下』です。

 

フットボード上でジャンプして爪先でフットボード上に着地しますのでビーターがドラムヘッドに付いている時間が長いです。

 

このビーターをヘッドに付ける《クローズ奏法》はタイトでアタック感のある音色が出ます。

 

足首がしっかりと使われていれば、踏み込む力を使わなくても相当な音量が出ます。

 

我流でヒールアップ奏法をやっている方は『踏み込む』意識で演奏している場合が多いですが、非常に疲れますし、足首や甲を痛める危険性が有ります(>_<)

 

音量が必要な時は踏み込むのではなく、先ずはなるべく高くジャンプしましょう(^o^)/

 

それでも音量が足りなくなった時に初めて踏み込む力を使います(^_-)

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では的確な奏法を身に付ける方法をお伝えしております。

リモートレッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください♪