埼玉のドラムスクール・教室【ドラム上達のポイント その⑧】

2020/06/21 ブログ
logo

《強弱を片手、片足だけで付ける》

 

手の交互打ちで色々な音符に強弱を付けられるようになって来たら同じ事を片手連打、片足連打でやってみましょう(^_-)

 

特に足でのフレージングはアンカーを足で作ることが出来ないので、体の内部感覚としてアンカーを捉えられるようにしなければなりません。

 

この段階で安定が難しい方は一つ前に戻って手で演奏した時の音の配列とニュアンスをしっかりと記憶して足でも再現出来るようにしましょう(^o^)/

 

『出来ている』状態を長時間続けることが上達の秘訣です。

 

先を急がず、じっくりと練習しましょう(#^.^#)

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では高度なリズム感を身に付ける方法をお伝えしております。

是非一度レッスンにお越し下さいませ(^^♪