埼玉のドラムスクール・教室【ドラム演奏を短期間で上達する方法 その⑨】

2020/08/14 ブログ
スピーカー

《音量バランス》

 

ドラム演奏は手足のコンビネーションでリズムパターンやフィルインを演奏しますが、手足それぞれのパーツの音量バランスを適正にコントロールする事が重要です。

 

よく見られるのが太鼓に対してシンバルが大き過ぎるケースです(^-^;

 

シンバルはスティックを振りぬく事が出来るので適当に振り回しても取り敢えず音量が出ます。

 

しかしながら太鼓はしっかりと打面を捉えなければ音量が出ません(@_@。

 

 

更に他の楽器とアンサンブルする時には相手の楽器の特性を理解している必要があります。

 

殆どの場合ドラムの音量が一番大きくなりやすいので、必要に応じて音量を下げられる能力が求められます(^^♪

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では適切な音量バランスを身に付ける方法をお伝えしております。

是非一度レッスンにお越し下さいませ(^^♪