埼玉のドラムスクール・教室【初心者が押さえておきたいポイント その②】

2020/08/31 ブログ
かかと

《足首の可動域を広げる》

 

ドラム演奏は両足でペダルを踏んで音を出します。

 

大別して踵を下ろしたままのヒールダウン奏法と踵を上下させるヒールアップ奏法が有ります。

 

初心者が足首の可動域を広げるにはヒールダウン奏法がオススメです(^_-)-☆

 

この動きはペダルが無くても普段から床を踏んで練習出来ます(^^♪

 

初めから無理をすると足首を痛めますので、ゆっくり無理のない範囲で爪先を引き上げて脱力して一気に落としましょう。

 

動きに慣れてきたら少しずつ可動域を広げて行きましょう(^_-)

 

普段からヒールアップ奏法をやっている方も全ての演奏をヒールダウン奏法でやってみるとヒールアップ奏法に一段と磨きがかかります(^_^)/

 

埼玉のドラム教室【スピーディーNOROドラムスクール】では足の効率的な動かし方をお伝えしております。

是非一度レッスンにお越し下さいませ(^^♪